便利な社会保障サービスで治療に専念しましょう

サイトメニュー

社労士に依頼する

紙幣

受給まで手続きをサポートしてもらう

これから障害年金をもらおうとする中で、協力を依頼したいのが社労士です。うつ病にかかった時に該当するかどうか判断するために心強い味方になるだけでなく、今後コミュニケーションを取りながら真摯に対応してくれるかどうかが重要です。様々な社労士がいる中でうつ病による障害年金を受け取っていく手続きを進めていく中で、この内容について専門知識などを持っている社労士かどうか判断しなければなりません。社労士が担当する業務は非常に多く、企業の労務管理など個人の対応だけを行っているわけではありません。その中で年金に関する相談を中心に業務を行っている社労士も多いので、年金の種類や受け取り方などでわからなくなった時には相談をするようにしましょう。特に障害年金は昨今何度も法改正が行われているので、専門的な知識を持っていないとわからない部分が多々あります。社労士でも最新の知識を常に求めている状態なので、しっかりとわからない部分について相談していくようにしましょう。そして情報をもらいながら信頼することができる、コミュニケーションを取りやすい社労士であるかも判断しなければなりません。申請をしてからうつ病の状態をチェックしながら審査が通るまで時間がかかってしまいます。少なくとも数か月見積もる必要があるので、的確にスムーズに対応してくれるか判断していきましょう。

うつ病による障害年金を受給するために、年金関連を中心に対応している社労士に申請などを行う際の手助けを依頼することになります。注意したいのが費用の支払いや契約書などを取り交わす点で、トラブルにならないように注意しましょう。どうしてもうつ病にかかってしまうと手続きなどを進める上で困難な状況が生まれてしまいますが、その時に丁寧に対応してくれるかどうかがポイントです。第三者の視点からしっかりと判断するためにも契約書は必要です。依頼時に契約書をきちんと交わす事務所かどうか、確認をするようにしましょう。報酬規程などで障害年金の手続きなどを行ってから、費用の徴収に対する説明を事前に行うかもポイントの一つです。うつ病で生じる障害年金がどのくらい支給してもらえるか、その成功報酬も払う算段などを決めなければなりません。基本的に支払う費用は自己負担となるので、想定外の高額にならないように交渉を進めていくようにしましょう。手続きを進めていく中で相談をする前に、うつ病の状態をチェックしておくことも必要です。申請を行った時に今の状態が障害年金が適用されるか判断されますが、申請が通らないケースもあります。その状態を社労士に伝えて、しっかりと通る条件などを伝えてくれるかもコミュニケーションを取りながら判断しましょう。