便利な社会保障サービスで治療に専念しましょう

サイトメニュー

適切な対応がいる心の病

カウンセリングを受ける中年女性 うつ病になると精神状態が不安定になりますが、障害年金を得れば収入を得られるのでメリットが大きいです。制度を使うための手続きは複雑なので、自分で行うのが難しい時は専門家に相談して作業をしてもらう方法もあります。

詳しく見る

社労士に依頼する

紙幣 うつ病にかかった時に障害年金を受給してもらうには、色々な手続きを進めていかなければなりません。法律なども絡んでくるので社労士を頼りながら手続きを進めていくこととなりますが、選び方やコミュニケーションの取り方が重要です。

詳しく見る

治療が必要な精神病

その他 ストレスなどが原因で精神状態が悪化してしまうとうつ病になりやすく、仕事ができないほど悪化してしまう方もいます。病気になって働くのが難しくなった場合は、障害年金を得ておくと収入を得られるのでメリットが大きいです。

詳しく見る

心の病になってしまったら

困っている人 心が疲れてしまって、仕事ができなくなってしまう不安を抱えたときは、直ぐに病院を受診することが一番です。そしてもし、うつと診断されたときは、すぐに障害年金の受給を検討しましょう。障害年金を受給することで、最低限の生活はできるようになります。

詳しく見る

精神病でも受給できるお金

悩む成人女性

怪我や病気になったときにもらえるお金とは

障害年金とは、会社に所属し働いており、社会保険をきちんと納めている人が対象で受けられるもので、急な病気やけがによって働けなくなった場合、治療中の生活費を保障してくれるというサービスです。そのため、自営業のような第三号被保険者には資格がありませんので注意しましょう。突発的なけがや、長期治療が必要な病気の他、うつ病のような精神的な病気であっても、条件を満たせば障害年金を受給することが出来ます。うつ病は、悪化するとどんどん精神的にきつくなってきて、自ら命を絶ってしまう人もある深刻な病気です。そしてその原因が仕事にあった場合、休まず頑張ることでさらなる悪循環を生み出してしまうので、休職する場合はすぐに手続きをして障害年金を受給しましょう。うつ病患者が障害年金を受給するための基準は、医師が勤労できない状態である、と判断した診断書があるかないかです。そして医師は、1〜3級の等級に分かれた基準をもとに、勤労できるかどうかを見極め診断書を作成します。申請に必要なのは、この診断書と申告書類、そして会社側のサインです。そして診断書は審査のもっとも重要なポイントになるので、うつの症状などは出来るだけ細かく医師に伝えるように心がけると良いでしょう。

うつ病による障害年金は、およそどの程度受給することが出来るのでしょうか。受給金額は一定ではなく、障害基礎年金か、障害厚生年金かによって金額は異なるので、まずはどの年金に加入しているのか確認することから始めます。障害基礎年金でうつ病の等級が1級の場合は、月約8万円程度、障害厚生年金であれば12万円程度が相場です。また、子供の有無などの生活環境、就労状況などによっても変わってきますので審査は慎重に行われます。ただし、労災とは異なり障害年金は申請から審査、受給まで約1ヶ月程度とスピーディなのが特徴です。迅速に審査が進められていくため、とてもありがたいサービスであると言えます。うつ病は完治に時間がかかる病気ですので、これらの金額を受給出来ればとりあえずの生活を心配する必要がなく、治療に専念することが出来ます。また、うつ病治療は、抗うつ剤の投薬を中心に進められ、カウンセリングも行いながら少しずつ患者の心を落ち着かせていきます。体調や気分が回復してきたからと言って無理をするとすぐにぶり返し悪化してしまうことも多いので、焦らずゆっくり治していきましょう。障害年金が受給されるのは、最長で1年6か月間です。1年以上受給は可能なので、しっかり病気と向き合い健康な体を取り戻せるようにしましょう。